二級建築士試験 法規一問一答

建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために、当該外壁又は軒裏に必要とされる性能を、準防火性能という。(0009-2701)

投稿日:

誤り。

 

建築基準法23条かっこ書きより、「準防火性能」とは建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼の抑制に、一定の効果を発揮するために「外壁」に必要とされる性能である。

つまり、軒裏は含まない。軒裏を含むのは防火性能についての説明である。

 

つまり、本問は防火性能についての説明である。

建築基準法2条8号かっこ書きより、「防火性能」とは建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために、建築物の「外壁または軒裏」に必要とされる性能である。

 

 

※参考

建築基準法23条かっこ書き 準防火性能

建築基準法2条8号かっこ書き 防火性能

-二級建築士試験, 法規一問一答

Copyright© 全部建築 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.