コラム

深基礎と高基礎の違い

深基礎とは

深基礎は一般的な基礎より深く打つ基礎のこと。

擁壁を作る必要がある場合や、地下室を作る場合に深基礎が用いられることが多い。

 

通常は、地盤面から埋まっている部分(根入れ深さ)は250mm~300mm(25cm~30cm)ほどだが、これをさらに深く打つことで基礎の強さを出すもの

深基礎は、地面に高低差があり土留めをしないといけない時に、擁壁(ようへき)を兼ねて一部だけ深基礎にしますが、高低差がなければ意味なく深基礎にはしません。

深基礎にする、ということはそれだけ地面を深く堀り、コンクリートも多く使う、ということなので、工数も材料費も高くなります。

そのため、意味なく深基礎にしたりはしませんし、そもそも地盤に何の問題もなければ深基礎にする必要もありません。深基礎にしたくない場合は擁壁を別途工事することになりますが、大抵の場合、費用が倍以上になります。

 

深基礎のメリット

  1. 擁壁を兼ねる事で土留めの長さが短くなり工事費が軽減される
  2. 深基礎の深さにもよりますが、床下利用(地下室・床下物置)が可能

 

深基礎のデメリット

  1. 高基礎に比べ深基礎は工事費が高くなる
  2. 地下水脈によっては床下の湿度が高くなる

 

例えば、車庫を併設し、その車庫の高さは道路と同じ高さにして、家の玄関は階段で登っていくというような場合、家の床は道路面よりもかなり高い位置にくることになります。

このような場合は、車庫と同じ高さ、つまり車の高さ分まで基礎を打つ必要があります。

そうしなければ、地盤面の土が崩れてしまうためです。深基礎にしない場合は、擁壁にて土を抑える必要があります。

 

 

高基礎とは

高基礎はその名の通り、基礎を高くうつことです。

深基礎と混乱しがちですが、深基礎は基礎部分の多くが見えません。つまり、地面に埋まっている部分が多くなります。

高基礎は基礎そのものが見えます。

深基礎も高基礎も通常の基礎よりも基礎の高さ(長さ)がありますので、地面に埋まっているかいないか、という区別をすることも出来ます。

会社によって、深基礎と高基礎の呼び方が違っていたりするので確認が必要です。

 

高基礎のメリット

  1. 基礎を高くする場合、家の床と地盤面に空間が確保される。
  2. 通気性が良くなったり、湿気対策には有効となる。
  3. 家の床下には水道管や下水管が配置されているため、空間が広くとってあれば検査がしやすく、修理もしやすい。

 

 

高基礎のデメリット

  1. 基礎面積を増やすことになるので、施工費はあがる。
  2. 基礎の高さをあげるので、地震に対しては通常のより弱くなる(カバーする方法はある)

 

地盤に合わせるのが基礎工事

基礎自体は、地盤面に合わせて施工をしているだけなので、例えば深基礎がいい、とか高基礎がいい、というのは基本的には施主が判断することではないと思います(費用との兼ね合いもありますが)

ただし、例えば地下室を作る、とか少し高い位置に家を建てたい、という場合には基礎を調整することで出来たりしますので、その場合は相談すると良いでしょう。

-コラム

Copyright© 全部建築 , 2020 All Rights Reserved.