用語集

【ア】アスファルト防水(あすふぁるとぼうすい)

更新日:

アスファルトによる防水加工。

アスファルト防水層はアスファルトの層とルーフィング類を交互に重ね、密着して構成する。

気温に対する耐久性は劣るので、防水押さえなどの保護層が必要となる。

 

防水性能や耐用年数は高いものの、アスファルトを現場で溶かして加工する必要があるため、周辺環境に配慮が必要となる。

また、施工の際にアスファルトが200℃以上になるため、他の防水加工より危険性を伴う。

 

現場で直接、バーナーで炙るようにして溶かして加工する、トーチ加工という方法もあるが、こちらの場合は施工に技術が必要となる。

-, 用語集

Copyright© 全部建築 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.